自信を持って走るあなたと冷たい雨

「姉ちゃん」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。幼い頃の体験や偏見みたいなのが、「戦略」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。

オジサンを幸せに、ミミズを空に

HOME

目を閉じて話すあの人とアスファルトの匂い

一度手を付けたら、満足させるまで多大な時間がかかるものが、日本中に多くみられる。
その一つが、他言語ではないかと思う。
実は、韓国語はまれに、日本の言葉と語順が同じ、SVOで、その上に日本語にない音が少ないので、取っ付きやすいらしい。
3年くらい韓国語を学んでいた友人の明日香は、今からのスタートでも早く学びやすいのでお勧めだよとのこと。
少しだけ憧れたけれどあの文字は記号にしか思えない。

雹が降った木曜の夜にゆっくりと
鹿児島に定住してみて、墓所にいつも、お花をしている人々がいっぱいいるということに仰天した。
老年期の主婦の方は、その日その日、お墓に花をあげていないと、近くの人の目が気になるらしい。
その日その日、切り花をあげるので、家計の中の花代もものすごく大変らしい。
連日、隣近所の老年期の奥さんは霊前に集まって花をあげながら、おしゃべりもしていて、墓の陰気くさい雰囲気はなく、さながら、人の集まる児童公園のようにはなやかな空気だ。

控え目に口笛を吹く友人と濡れたTシャツ

子供がマルモダンスをおどっている。
教えてもいないのに、2歳なのに頑張って踊っている。
映像でマルモダンスの音が流れると、録画映像を見たがって泣く。
録画したものを流すとエンドレスでずっと見ている。
母親としては、テレビを見続けるよりも本を読んだり、おもちゃで体を使って遊んだりしているほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今のうちに遊んでおくのも自分の為でもあると思う。

ノリノリで話すあいつと冷たい雨
出張業務に出ると、1週間近く泊まり込むこともある。
その時は、頑張ってる感は持っているけれど、すごく緊張しているので、3時間睡眠。
起床時間の相当前に、目が覚める習慣がある。
しかし、家に帰ってきたときの解放感は素晴らしい。
真剣に遊ぶし、深く寝るし、食べたいものを食べる。

そよ風の吹く土曜の午後に目を閉じて

石田衣良さんという作家さんに出会ったのは、愛ちゃんのマンションで。
愛がいない部屋という短いお話が詰まった短編集が机に置かれていたから。
故郷の青森の母が読み切って、それをお米や衣類と一緒に箱詰めにして宅配便で送ってくれたようだ。
その時は全然有名でなく、世に知れていなかった石田衣良さん。
愛は普段手記や流通、雑誌などは読む。
しかし、所謂ライトノベルは読まないので、愛がいない部屋を私にあげる!という。
愛ちゃんのお母さんは、どんなことを考えながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろうか。

息絶え絶えで歌う先生と草原
夕方、時間に余裕が作れたので、HMVに向かった。
新しくウォークマンに挿入する音楽を探すため。
現在進行形で、かなり聞いたのが西野カナ。
常に習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽も素敵だと思っている。
ということで、今日はレンタルしたのはセルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘いボイスとフランス語がカッコイイと思う。

前のめりで自転車をこぐ兄弟と花粉症

一昨日は、久しぶりに雨だった。
ウキ釣りの約束を同僚としていたが、雷が鳴ってきたので、さすがに怖くて行けそうになかった。
確認したら、雨が降っていなかったので、やっぱり行ってみるということになったのだが、釣りに行ける準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
またの機会に行ける日にと話して釣りざおなどを片づけた。
来週は晴れが続くみたいだ。
その時は、次こそ行こうと思う。
またの機会にと言って釣り道具をしまった。
明日からは晴れみたいだ。
その時は、次こそ行こうと思う。

勢いで大声を出す兄さんと冷たい肉まん
「嫌われ松の子一生」という題名のドラマが放送されていましたが、見ていた人も多かったと思います。
実際に、連ドラは見ていなかったのですが、女優の中谷美紀さんの主演でシネマが放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、不運な境遇にて生活しながらも、悲観的にはなりません。
松子以外から見れば、不幸かもしれないけれど夢を捨てません。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
そこに、尊敬を感じました。
私も幸せになりたいのに、チャンスがやってくると罪悪感がある。
などという、よくわからない状態に陥っていた悩みを抱えていた私は放送中悩みなんか忘れていました。
とても、明るい映画なので、一押しです。
主演の、中谷美紀は、先生役でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

気分良く泳ぐ姉妹と失くしたストラップ

仕事で、日光へ向かうことが非常に多かった。
関東地方の北寄りに位置する日光市は栃木県にあり、海なし県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、冬が来ると雪景色になり、除雪車やチェーンなど必須になる。
秋に差し掛かると、と東北道を使い、2泊3日で行って、帰って、また2泊3日というパーターンがとても多く、サイトなどの情報で日光が登場すると思い出に浸ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は旅をしてほしい場所だ。
少し述べさせてもらうと、見どころはやっぱり東照宮。
江戸を整備した徳川家康の眠っている所で、中の様子に驚くだろう。
あと、いろは坂の先にある奥日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、乳白色で高温の湯。
この温泉に入ると冷えにも良いのではないかと思う。
日光東照宮が建てられたときには、こちらの温泉街を目指して多くの湯治客が集まったそうだ。
情景が想像できる古い歴史を持つここ栃木県の日光市。
旅館の紹介も一緒に雑誌などに多く記載されている日光市に、ぜひまた行ってみたいと思う。

湿気の多い月曜の明け方にお酒を
夏は生ビールがとてもおいしいけれど、最近あまり飲まなくなった。
昔は、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日の朝にお酒が残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった当時はとてもあこがれ、行くのがすごく楽しみだったけれど、仕事の関係でうんざりするほど行って、自分の心の中では、現在、印象が悪い。
けれども、取引会社との付き合いの関わりでとっても久しぶりにビアガーデンに行った。
とっても久々にうまかったけれど、調子にのってとってもお酒を飲みすぎて、やっぱり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

サイト内メニュー

クマ

サイト内メニュー


Copyright (c) 2015 オジサンを幸せに、ミミズを空に All rights reserved.